日本きらめき協会 公式ブログ

日本きらめき協会のスタッフブログ

「 自律型人材育成 」 一覧

やりがい・働きがい研修

当協会の代表理事の角井孝次が大阪の企業様の経営層のみなさまに、「やりがい・働きがい研修」を実施させていただきました。   従来から働き方や価値観が大きく変化している現在において、どのように従 ...

非協力的な人を協力的にする方法

今のやり方を変えようとするときに非協力的な方が必ずといっていいほど職場にいます。 その人の言い分はおそらくこんな感じじゃないでしょうか? 「今までこのやり方でずっとやっている」 「そんなことしたら仕事 ...

ビジネスマナー研修in三重県

当協会のファシリテーターである根岸由紀江先生が、三重県の企業様にて「新入社員ビジネスマナー研修」に登壇しました。 当日は、新入社員のみなさまに仕事をおこなううえでのマナーをロールプレイ形式を交えながら ...

新生活に取り組みたいこと

本日から4月1日、新しい期のスタートです。   入園式、入学式、入社式等スタートされる方。 異動や出向等で新しい職場でスタートされる方。 組替等により新しい環境でスタートされる方。 新生活を ...

インパクトを与えることができる数字コミュニケーション

数字を使ったコミュニケーションをするうえでインパクトを与える数字というものがあります。 インパクトを与える数字は偶数より奇数です。 例えば、こんな言葉は印象に残りませんか? 「3銃士」 「5本の指」 ...

数字を使うことでコミュニケーションの質が高まる

コミュニケーションをするうえで数字を使うことは相手の理解をより多く得られることにつながります。   例えば、相手に伝えたいことを意識させるうえで使うことに有効です。 「〇〇〇には3つのポイン ...

伝わりやすいコミュニケーションの工夫

普段のコミュニケーションでこのような表現を使っていませんか?   「この仕事は重要なのでしっかりと仕上げてほしい」 「もっと自覚を持って取り組んでほしい」 「〇〇さんに明日はいつもより早く出 ...

質問するちからを鍛えることが自分力をアップさせる

質問の仕方に工夫すると相手との関係を深めることができます。     質問には大きく分けてオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンがあります。   オープンクエスチョン ...

アイスブレイクを取り入れ自律的なマインドをつくる

アイスブレイクという言葉をご存知ですか?   アイスブレイクとは、氷を溶かしてブレイクすることを指しますが、研修の世界では「初めてづくしの環境で緊張している状態をほぐしたり、安心して意見交換 ...

ストレスコントロールを取り入れる

仕事や職業生活に関する強い不安・悩み・ストレスを抱えている方は約6割であることが厚生労働省の統計データからも分かっています. 50人いれば30人、100人いれば60人、300人いれば180人が強い不安 ...

コミュニケーションの「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」を使い分ける

コミュニケーションにおいて相手に与える心地の良い音程があります。 その音程とは「ファ」と「ソ」です。 「ファ」と「ソ」は、社交性のある音程とも言われていて、相手との関係を縮めるうえで効果的に使うと有効 ...

初対面での印象がその後のあなたとの関係に影響を及ぼす

何事も最初が肝心ということを昔からよく言われていますが、この言葉は対人関係においても当てはまります。 初対面での印象がその後のあなたとの関係に影響を及ぼします。     様々な研究 ...

我慢しないコミュニケーション

日常生活や仕事生活において葛藤が起きるケースはよくあります。 葛藤が起きるとどうなるでしょうか? 葛藤が起きるとわたしたちのコミュニケーションに大きく影響を及ぼします。   あなたはこの葛藤 ...

自律的な報連相

ビジネスの世界では報連相が必要なスキルです。 報連相とは、報告、連絡、相談です。 1982年頃、当時の山種証券の山崎富治社長が発案し、社内でほうれんそう運動を始めたのがキッカケで今では多くの方が知って ...

To Doリストを作り自分力を高める

わたしたちは、仕事や日常生活において多くのすることがあります。 そのときに活用するものとしてTo Doリストを活用することをおすすめします。     To Doリストとは、これだけ ...